神戸市東灘区 児童・高齢者のデイサービスなら「ケアット」グループ公式サイト
TOPページ > 継続寄付のお願い


はじめに ケアットの取り組み
NPO法人ケアットでは平成26年より「はじめのいっぽ」というコミュニティカフェを運営しています。地域の人と人をつないだり、こども食堂や、生活困窮者のライフラインをつなぐ役割があります。
週一回のフードパントリー&お弁当の無料配布を、コロナ禍でも休まずに行いました。こんな時だからこそ、生活が困窮してしまった人も多く、シングル世帯の他に、生活拠点を無くした大学生や仕事が無くなり食材が買えず、命の危機に直面して助けを求めてこられた外国人もいます。
この場所を継続していくことの大切さを、コロナ禍という状況下で、より強く感じております。



この場所を続けるために、認定NPO法人を目指したい
人と人が支え合う居場所カフェ「はじめのいっぽ」には600万円の維持費がかかります。その他に、生活困窮家庭の子ども達を支える「つながり食堂」は年間200万円の資金が必要です。

今後もこの場所を維持するために、私達は「認定NPO法人」を目指すことにしました。認定NPO法人とは、「広く一般から支持を受けている」「高い公益性をもっている」ことを判断されたNPOで認定の審査があります。
「認定NPO法人」になると、個人が寄付した際に「寄付金控除」を受けられます。税の優遇措置が適用され、寄付した側にもメリットがあります。法人の場合は損金算入限度額の枠が広がるメリットがあり、より寄附をしていただきやすくなり、さらに社会貢献活動に取り組んでいける…というwin-winのサイクルとなります。
認定NPO法人となるには
認定NPO法人となる条件のひとつに「2事業年度に渡って3,000円以上の寄附が100人以上いる」というものがあります。 寄付を通じて多くの方から賛同を得ているNPO法人かどうかが問われるためです。
おかげさまで、昨年度は100人以上の方々からご寄附を頂き、2年度目は令和4年6月末までに100人以上のご寄附をいただく事で申請が可能となります。
今70人(4月現在) あと30人の方の協力が必要です。
寄附の使いみち
少子高齢化で今の社会保障制度は行き詰ると言われています。未来を担う子ども達に夢を持ってほしい。私たちは“子育てを支え”“育み”つながる街づくりを目指します。

前述の通りカフェ「はじめのいっぽ」には年間600万円の維持費がかかります。
その内訳は 「はじめのいっぽ」の家賃・水道光熱費や「つながり食堂」の食材費です。

コープこうべ様・カネテツデリカフーズ様・フードバンク関西様等から定期的な食品の提供を頂いているのですが、参加人数がどんどん増えている昨今、足りなくなることが多いので、食材の購入をすることがあります。
「つながり食堂」でのお弁当作りの費用やフードパントリー食材購入費に充てさせていただき、未来を担う子ども達とその家庭を支えると共に、高齢者や障がいのある方等すべての人が暮らしやすい地域づくりを目指します。
サポーターになっていただけると嬉しいです!
町の為に何かしたい、生活困窮者の為に何かしたい、そして未来ある子どもたちの為にできることは…と思っても、なかなか一人では難しいこともありませんか。 もしかしたら、隣の家の方が困っているかもしれない。
ケアットはきめ細かく、地域と困っている方をつなげ、良い街づくりの中で子供を育んでいきます。
皆様のご支援をいただけるととてもうれしく思います。
活動報告など
ケアットのfacebookで随時活動を報告しています。皆様の寄附で購入したものや、できた活動なども載せていますので、是非御覧ください。
寄附の行い方
1.ゆうちょでの郵便振替
振替用紙のご利用(通信欄に「寄付」とお書きください)
③記号:14370 番号:26951781
2.銀行振込
みなと銀行青木支店(028)普通口座1757511 特定非営利活動法人ケアット
(お振込人名の後に「寄付」とお書きください)
(お振込の際には、メール(caret@caret-npo.org)にて寄付者の住所、氏名を必ずお知らせ下さい)
3.インターネットでの寄付
外部サイト「コングラント」からクレジットカードなどで簡単に寄付をすることができます。
通常寄付と、月々継続の寄付のプランがございます。


人と人がつながり支え合う、地域福祉カフェ 「はじめのいっぽ」を続けるために寄付をお願いします| NPO法人ケアット


子ども食堂「つながり食堂」を続けるために継続寄付をお願いします| NPO法人ケアット